頼れるのは専門科

トイレ自分であれこれ対処をしてみてもトイレのつまりが改善されない場合や、悪化してしまった場合には、諦めてトイレを含む水回りの修理業者を選ぶようにしてください。水回りのトラブルに対応している業者はテレビのコマーシャルで見かけるような大手の業者から、街の修理屋さん的な地域密着タイプの業者さんがいます

大手の業者さんは当たり外れが少ないと言えますが、街の修理屋さんは地域によって大きな差があります。料金的な問題もありますが、しっかりと比較した上で頼むのがおすすめになります。

トイレのつまりが起こった場所が、自宅ではなく賃貸物件の場合には、紹介してもらった不動産屋さんに連絡して対応してもらうようにしてください。基本的にトイレの故障がこちらに落ち度がなく劣化によるものでしたら、不動産会社が料金も含めて対応してもらう事ができます。

もし持ち家でトイレのつまりが起こった場合には、今後も起こる可能性がありますので、次回以降もしっかりと安心してお任せできる水回り専門の修理業者を見つけておくのはとても重要になります。いざトイレの詰まりが起きてしまった場合には、落ち着いて修理業者を探している余裕はありませんので、前もって探しておくのがおすすめです。

個人でできる対処法

トイレのつまりが軽度な場合には、自分で対処する事ができます。ただし流してしまったものが水に溶けやすい性質の物に限定されます。水に溶けない異物を流してしまった事が原因でトイレがつまってしまっているような場合には、症状が悪化してしまいますので注意が必要になります

トイレのつまりで最も簡単な対処法は、バケツを使って便器に水を流す方法です。水流を強めにするのがポイントになりますので、可能な限り高い所から水を流すのがポイントになります。軽度のトイレの詰まりでしたら対処する事ができます。

ラバーカップラバーカップも非常に効果的な対処法になります。ラバーカップがないような場合には、ペットボトルの下の部分を切って行う事ができます。ラバーカップと同様の効果が期待できますので、かなりおすすめです。これらは本当にリーズナブルな価格で利用できますのでおすすめです。

他にも重曹とクエン酸を混ぜた物を流す方法や、パイプクリーナーを使う方法も効果的なのですが、これらで対処できるのは、あくまでトイレのつまりが軽度な場合に限られます。これらの対処法をしても症状が改善せず、悪化してしまった場合には、諦めて水回りの修理業者に依頼するようにしてください。

トイレの詰まりの原因

トイレットペーパートイレがつまってしまった場合には、まずはどうしてトイレがつまってしまったのかという原因を追究する必要があります。ある程度の原因が分かっておかないと正確で効果的な対処をする事ができませんし、自分で処理をする事ができるのか、それとも水回りのトラブルを中心に修理してくれている専門業者を呼ぶのかなどの判断をつける事ができないからです。

トイレのつまりの原因を究明するためには、どのような事が原因でトイレのつまりがおきるのかをあらかじめ理解しておく必要があります。トイレのつまりの中でも特に多いのが、トイレットペーパーを一度に大量に使ってしまった場合や、トイレットペーパー以外のティッシュペーパーやトイレットペーパーの芯などを流してしまった場合などにつまりやすくなっています

また、ユニットバスなどの場合には、歯ブラシや歯磨き粉、ひげそり、スマートフォンなどを誤って流してしまう可能性も多くなっていますので、注意してください。異物が詰まってしまっているような場合には、自分では対処ができないような可能性がありますので、まずはトイレの周りに無くなったものがないのかなどをしっかりと確認した上で、トイレが詰まった原因を推測するのがおすすめです。

トイレのつまりが起きた時には

トイレトイレのつまりが起きた時には本当に大変です。流しても汚水が流れなくなってしまったり、用を足す前に水があふれてしまっていたりなど、ある日突然トイレのトラブルが起こります。休みの日でしたら問題ないかもしれませんが、これから仕事に行く時などはとても焦ってしまうでしょう。

もし仕事に行く場合には、トイレの元を閉めてこれ以上症状が悪化しないような状態にしておき、帰ってから本格的に修理をする必要があります。しかしどのように修理をしたらよいのかわからないという方がほとんどだと思います。

トイレの水漏れが起こってしまった場合には、まずはどのような事が原因で起こったのかをしっかりと確認した上で、自分で対処できるのか、対処できるとしたらどのような方法で対処すべきなのかを冷静に判断し、自分で対処できないような場合には、水回りのトラブルを解決する専門業者に依頼するべきです。しかしその判断をしっかりとできるということは、トイレの水回り関連のトラブルにある程度の知識があるという事になります。

そこでこの記事では、トイレがつまったときの対処法についての基礎知識をご紹介していきます。こちらの記事に記載されている内容は、本当にトイレがつまってしまった時に必要な最低限の知識になっています。しかし、これらの知識を知っておけば、少なくともトイレのつまりが起きた時に何も考えられずに棒立ちになるような事はありません。現在はそのような予兆が無くてもいつかは必要なる知識ですので、ぜひチェックしてみてください。